無料ブログはココログ

紅白カウントダウン

« アルビチアに清き1票を | トップページ | マルシオ、カンバ~ック »

2008年3月10日 (月)

富山のみなさん、ありがとう

 先週の土日(3月8日、9日)のアルビBBはホームで

富山グラウジーズを迎え撃ち、2連勝を飾ることができました。

首位仙台が大分相手に1勝1敗ですから、差が2ゲームに

縮まりました。直接対決が2回ありますし、仙台は最後に

大阪との4連戦を控えていますから、逆転の可能性は高いです。

いよいよ、首位に手が届いた感じです。( ̄ー+ ̄)ニヤリ

 

 土曜日の試合は予想どおりのダラダラペース。大阪戦で

力を使い果たしましたよって感じに見えちゃうんですけど。

大阪相手じゃなくて、富山相手だと最初から集中して

試合はできませんか?(^^;)

 ブースターが一生懸命応援しますが、土曜日は人が

少ないせいもあって、たしかに会場全体もまったりムード

でしたが・・・

 そのムードのせいかどうかはわかりませんが、シュートが

入らず空回りの連続。特にアンドレがよくなかったですね。

今一波に乗り切れない印象です。

 試合は点差的にはほぼ互角の前半戦でしたが、全体的に

は富山ペース。ただ、アルビを突き放すだけの勢いまでは

ありません。

 

 ところが、後半になると突然アルビの目が覚めます。

第3Qに入ると、池田が大爆発。3Pを決めたかと思うと、次は2P。

多彩な攻撃で富山を翻弄します。くいさがる富山を今度はタカトが

3Pを決めて突き放します。タカトの初フィールドゴールが3Pとは、

衝撃のデビューですね。しかも、タカトはこのQもう1本3Pを

決めます。第3Qを終って、74-59。15P差です。

後はこの差を守り続けて、まず1勝です。( ^ー゜)b

 もちろん、MIPはタカトで、MVPは池田でした。

 

 日曜の試合は、ある意味白熱した試合となりました。

 富山ベンチ裏に富山ブースターが大挙して来訪しました。

とにかく、会場のベンチサイドの半分は全て富山ブースター

です。会場全体の約10分の1ぐらいは富山ブースターと

いうイメージです。(;゜〇゜)

 試合開始直前から、すごい声量と息のあった応援で、

アルビを圧倒します。富山ブースターのダンスチーム

G.O.Wも何名か一緒に参加して応援を盛り上げていたようです。

 

 これを聞いた私のとった行動はもちろん、声を張り上げての

声援とディフェンスコールです。

 一気に私の負けず嫌いの心に火が灯りました。

 負けられませんよ。( ̄ー+ ̄)ニヤリ

 会場全体も一気にヒートアップ。

 はからずも、応援合戦の体をなします。

 

 選手の方はこの声援に応えるかのごとく、集中した動きを

見せます。まるで、土曜は声援が足りなかったとでも

言うかのごとく(^^;)

 特にアンドレの気合と動きのキレは素晴らしく、ゴールを

量産します。これに合わせるかのようにロドニーの動きも

よくなっていきます。

 アルビの2本の槍が富山のディフェンスを切り裂きます。

第1Qも第2Qも富山の動きを上回り、前半を終って47-34。

13P差をつけて後半突入です。

 

 このまま、アルビの優勢のまま試合が進むかと思われた第3Qで、

事件が起こり、リードしているアルビにピンチが訪れます。

 オフェンスファールを宣告されたロドニーが審判に猛抗議。

抗議するだけならともかく、なんと審判の頭を叩いてしまいます。

 

 ああ、ついにやっちまった(><)

 

 いつかはやるんじゃないかと思っていたんですが・・・(^^;)

 当然のごとくテクニカルファールを2つ宣告されて、退場です。

この時点で第3Q残り3分。点差は14P。とてもセーフティリードとは

いえません。

 この瞬間、退場のロドニーの代わりにマットを。タカトとテラを

下げて、ワラと池田を投入。廣瀬HCは試合の引き締めに

かかります。池田がファールを宣告されるとプレストンを投入して、

オンザ3です。

 廣瀬HCはなんとこの後、試合終了までオンザ3で通しました。

10分以上オンザ3だったのは、多分初めてですね。

 富山は蒲谷の奮闘で一時期9P差まで縮めますが、そこまで。

アルビのオンザ3の前に敗れ去りました。

 この試合ロドニーの退場で、一気に急転回しましたが、

アルビを勝利へ導いたのは、ワラの気迫とプレストン。

ワラの気迫のこもったプレーが次々とゴールを量産し、この日は

18Pをたたき出しました。素晴らしい活躍でした。

 それからこの日、目立ったのはプレストン。第2Qでも、落ち着いた

2Pシュートを決め、ディフェンス面でも安定した活躍を見せて

いましたが、ロドニー退場後の活躍は目覚しく、崩れそうになる

アルビのディフェンスを支え続けました。オフェンス面でも、

パスを受けてのランニングシュートなどもあり、素晴らしい活躍

でした。ようやく下地コーチの指導の成果が出たんでしょうか。

 当然MIPはプレストン、MVPはワラです。

 MVPの発表時に、ワラはガッツポーズしてましたね。

よく聞こえませんでしたが、吼えてもいたようでした。

 

 1人が欠けても他の選手が活躍して、チームを勝利に導くのが、

本当に強いチームです。アルビもようやく強いチームになりつつ

あるのかもしれませんね。

 

 ただ、その前に・・・・・ロドニーは反省部屋行きです(苦笑)

 

 この日の応援合戦が40分間途切れることなく続きました。

おかげで、この日は疲労困憊でした(^^;)

勝利のおかげで、心地よい疲れとなって襲ってきましたね。

ここまで、白熱した試合になって、ブースターが一体となって、

応援できたのも、最後まですごい声援を送り続けた

富山ブースターのおかげです。

 ありがとうございました。m(_ _)m

 

 あの最後まであきらめない、応援スタイルは素晴らしいです。

アルビのブースターもそうでありたいですね。

 

 Albi010_3

  来訪された富山ブースターのみなさん。

  バックスタンドの1階席の半分が埋まってます。

« アルビチアに清き1票を | トップページ | マルシオ、カンバ~ック »

コメント

「JIN」さんへ富山の応援は素晴らしかったですね。昨年のベストブースター賞ですから…その分アルビのヤジが目立ちましたが、これも慣れて来ると滑稽で楽しいものです。ところで僕のサイトへのリンクの件は×でしたでしょうか??

 kuwa983さん
 実は私は今回メインの2階席にいたので、野次の内容が全く聞こえませんでした。なんか叫んでるなあ、ぐらいだったので、確かに滑稽でした(苦笑)
 慣れとは恐ろしい(^^;)
 富山のように素晴らしい応援を聞くと、ああいう野次はやっぱりみっともないですね。
 
 リンクの件は一つ前のエントリーでもコメントしてありますが、OKです。
 こんなブログでよろしければ、よろしくお願いします。
 
 うちも貼りたいのはやまやまなのですが、なぜかシステム上リンク機能がなかったりします。niftyって案外使えないです(^^;) 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/154356/11125816

この記事へのトラックバック一覧です: 富山のみなさん、ありがとう:

« アルビチアに清き1票を | トップページ | マルシオ、カンバ~ック »

最近のトラックバック

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31