無料ブログはココログ

紅白カウントダウン

« 新外国人2人。期待していいんですよね。 | トップページ | キムヨナ強し »

2010年2月23日 (火)

琉球との実力差

 アルビBBはアウエーで昨年の覇者にして、イースト首位の

琉球ゴールデンキングスと激突。1勝1敗のタイに終わりました。

 2連敗してまた5割に戻るのかと思っていただけに、

この1勝は大きかったです。日曜は完敗でしたが、琉球との

実力差を考えれば、1勝できただけでも上出来でしょう。

 

 ただ、内容的には琉球との実力差を露呈した形で、

覚悟はしていましたが、優勝は遠いなあという印象です。

 土曜も日曜も、アルビBBは琉球のリーチを始めとする

高さを警戒してインサイドを固め、リバウンド勝負をかけます。

そのため、3Pは自由に打たせて、入ったら仕方がないという

ようなディフェンスをしていたのですが、

 これが、甘かった。(^^;)

 

 もう面白いように琉球の3Pが入る。

 それも日本人選手に。

 とにかく、フリーならほとんど100%といったイメージで。

 土曜は与那嶺が25P。菅原が17P。

 日曜は与那嶺は7Pですが、菅原が24P。小淵が16P。

 

 土曜はトニーの3Pのタッチがよくて27P。

 後は竹野が18Pと踏ん張ったおかげで勝てましたが、

 日曜は池田がかろうじて14P。竹野に至っては0P(^^;)

 これでは勝てないでしょうね。

 

 アルビBBはポールと長谷川を欠いて厳しい状況ですが、

琉球はニュートンに金城、そして日曜はマクヘンリーを

欠く、飛車角金落ちの状況。厳しいのはアルビBBより

はるかに琉球の方が厳しい。

 でも、この土日の試合を見る限り、琉球の方が実力は

はるかに上。

 要因はやはり日本人選手の出来の差でしょう。

 

 アルビBBにも竹野や池田にタカトと良い選手がそろって

いますが、とても与那嶺、菅原、小淵と比較できません。

 とはいえ、与那嶺の昨年までの大分での実績や、

プレイオフで光る活躍をしたとはいっても、琉球の3番手だった

菅原のことを考えると、アルビBBの日本人選手が実力で

劣っているとはとても思えない。

 やはり、HCがどれだけ日本人選手の実力を引き出せるか

の違いなんでしょうね。

 

 廣瀬HCは「日本人で勝つ」にこだわりがあるようですが、

その能力は桶谷HCより劣っているということでしょう。

 とはいえ、昨年から外国人の出場枠が決められて、

日本人の能力が勝敗に影響を及ぼすようになっています。

 なんとか、日本人選手たちが琉球のように、のびのびと

プレーして、実力を発揮できる環境を作り上げて欲しい

ものです。

« 新外国人2人。期待していいんですよね。 | トップページ | キムヨナ強し »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/154356/33504029

この記事へのトラックバック一覧です: 琉球との実力差:

« 新外国人2人。期待していいんですよね。 | トップページ | キムヨナ強し »

最近のトラックバック

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31