無料ブログはココログ

紅白カウントダウン

« FKとPK | トップページ | 鹿島相手に劇的サヨナラ勝利 »

2010年10月30日 (土)

bjリーグの中国のような言論統制

 アルビBBのボンバーこと平岡ACが1試合出場停止になりました。

 その理由が

 「審判の判定への不満をブログに掲載したこと。」

 なんだそりゃ。(@@)?

 

 審判の判定に不満で、審判に暴言を吐いたとか、暴力行為に

及んだじゃなくて、後でブログに書き込んだことが、出場停止に

値するほど重い規律違反って、そんな厳しい判定するプロスポーツ

リーグが民主主義国に他にありますか?

 Jリーグや野球では審判の判定がおかしいとか後で監督や選手が

発言することはよくある話で、それに処罰がされた話って

聞いたことないですけど。

 

 ボンバーがどんなことを書き込んだのかは、わからないのですが、

公式発表の内容では大した話ではないように聞こえます。

 もし、1ACの書き込みが気になるのなら、あの審判の判定には

間違いはありませんとリーグが発表すればいいだけの話。

 処分するような内容にはとても聞こえません。┐(´-`)┌

 

 しかも処分の規定の根拠が

 「ルールブックArt33. 罰金と出場停止」の7項

 「ゲーム終了後でもVTRなどでチーム・メンバーやチーム関係者の

スポーツマンらしくないふるまいやパンチング・ファウルが

確認された場合は、罰金あるいは出場停止またはその両方が

科される」

 という部分とのこと。

 VTRなどでということは、あくまでも試合中の行為に対して、

後日確認できた場合を想定しているものと、法学上の解釈がされる

ような条文。

 これを試合後のブログの書き込みにまで適用する拡大解釈は

ちょっと普通の感覚じゃないです。

 まるで、治安維持法のようだ(^^;)

 じゃあ、この条文はいったいいつまで適用されるんでしょう。

 もしかすると、リーグ第1戦目の判定の不服をプレイオフの前日に

思い出して書き込んだら、プレイオフは出場停止なんでしょうか?

 

 中国では、反体制の書き込みがされないよう3万人ぐらいで、

ネットを監視して、書き込みがあったら強制削除や、逮捕とか

しているそうですが、bjリーグがやっていることもそれと同じ

ように聞こえます。

 bjリーグでは反対意見を認めない言論統制が敷かれているん

でしょうか。リーグのやることに異を唱えることを認めないのって

いうのは、すごく閉鎖的なリーグの印象を与えます。

 

 日本は言論の自由が憲法で保障されている国じゃ

なかったんでしょうか?

 

 審判の判定に逆らうことは認められないでしょうが、

不服を言うことも認めないのでは、審判が誤審をしても

気がつかずに、誤った判定を繰り返してしまいます。

 あれだけ、低レベルの審判しか揃えられなくて、

なかなかレベルUPできないリーグの怠慢を棚に上げて、

文句はいっさい認めないっていうのは、どうなんでしょうね。

 もし、言論統制するのならば、それなりの審判を揃えて

からにしてもらいたいものです。┐(´-`)┌

 

 そして、そうやってインターネットを監視する暇と能力が

あるのなら、bj-tvで詐欺まがいのアクセス不良を起こさない

ように努力する方が先なんじゃないでしょうか?

 

 bjリーグはまず自己反省から始めて欲しいですね。

« FKとPK | トップページ | 鹿島相手に劇的サヨナラ勝利 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/154356/37458266

この記事へのトラックバック一覧です: bjリーグの中国のような言論統制:

« FKとPK | トップページ | 鹿島相手に劇的サヨナラ勝利 »

最近のトラックバック

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31