無料ブログはココログ

紅白カウントダウン

« 5割病は相変わらずなのか? | トップページ | 残留まであと少し »

2011年10月19日 (水)

良い時と悪い時の出来が違いすぎる

 土日のアルビBBは富山グラウジーズと対戦。

 またしても、1勝1敗。なかなか、連勝できませんね。

 

 問題は内容。

 土曜日の前半はとても見てられないものでした。

 富山のアグレッシブなディフェンスに翻弄されて、

フリーの選手を作ることができず、外からのシュートがうてない。

だからといって、無理な特攻を繰り返し、3~4人の中に、

1人でつっこんではターンオーバーで、点を取られる。

 取り返さなくてはと、無理な速攻やパスを繰り返し、

またしてもターンオーバーの繰り返し。

 

 自滅です。(><)

 

 前半で、22-44のダブルスコア。すでに20P差を

つけられてしまいました。

 後半は立て直して、終わってみれば79-81と

2P差での敗退ですが、最後の競り合いに弱いところも

露呈してしまいました。

 

 逆に、日曜日は前日の帳尻を合わせるかのように、

しっかりしたバスケをして、85-75と10P差で

勝利しました。

 

 良い時と悪い時の差が激しすぎる。┐(´-`)┌

 

 とても、気になったのは、土曜日の前半。

 マットHCはほとんどタイムアウトを取らずに放置しました。

 これは、その方が良いと判断したのか、それとも、

なすすべがなかったのか?

 

 結果としては、負けたわけなので、判断ミスだと思いますが、

なすすべがなかったのなら、HC失格ですね。

 経験不足で、予想もしなかった富山の対応になすすべが

なかったのか、う~ん、どうなんでしょう。

 後半立て直しただけに、よくわかりません。

 

 ただ、こういう試合をして、4試合で2勝しかできないチームが

優勝できるわけがないです。

 最近のbjリーグはスタートダッシュが肝心です。

 まず、スタートダッシュに失敗したチームが有明で好成績を

収めたのは3年前の東京ぐらいじゃないでしょうか。

 もう既に黄信号はついていると思います。

 

 やっぱり、マットじゃ経験不足だったんでしょうか。

 それは、最初から言われていたことなんですが、

これだけ戦力を整えて、この結果じゃ正直がっかりですね。

 

 

 それとも、マット以外のコーチ陣が変わっていないことが、

問題なんでしょうかね。

 

 土曜日の試合は廣瀬HC時代でも、これほどひどい試合は

なかったというぐらいひどいものでした。

 もうあんな試合を見せないようにして欲しいものです。

 

 開幕前にチームの準備は出来ているって、マットHCは言っていた

と思ったんですが、それでこのありさまでは・・・・・・・・・(^^;)

 

 

 日曜日のラビッツも同じ状況に陥りかけましたが、

適切なところでタイムアウトを取って、第1Qのうちに立て直した

シーンを見ただけに、その違いは歴然です。

 

 やはり、経験不足なのかなあ。

« 5割病は相変わらずなのか? | トップページ | 残留まであと少し »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/154356/42593492

この記事へのトラックバック一覧です: 良い時と悪い時の出来が違いすぎる:

« 5割病は相変わらずなのか? | トップページ | 残留まであと少し »

最近のトラックバック

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31