無料ブログはココログ

紅白カウントダウン

2008年5月31日 (土)

明日はダービー

 bjリーグのドラフトに一喜一憂していたため失念していましたが、

明日はダービーでしたね。

 

 ああ、全く情報収集してなかったので、さっぱりわからない(m~-~)m

 

 いつもなら、BSN主催のダービーフェスティバルを見に行って、

情報収集しているのですが、なぜか今年はスタジオ収録のため、

事実上非公開。(抽選で外れたのは初めてですね)

 何があったんでしょうねえ?Σ( ̄□ ̄;)

 会場が押さえられなかったのか、それとも予算不足なのか。

 スポンサーはJRAのはずなので予算不足って考えづらい

んですが、今回はプレゼント賞品がいつものJRAグッズでは

なく、通常のイブニング王国のダーツゲームの賞品。

 まるで、JRAがスポンサーから撤退したかのようでした。

 

 そ、そうなのかな?(^^;)

 

 来年は、というか有馬記念はフェスティバルをやって欲しい

ですね。

 でも、今年は行きたかったなあ(←眞鍋かをりが見たかったらしい(笑))

 

 さて、予想なんですが(^^;)

 

 ◎ ディープスカイ

 ○ マイネルチャールズ

 ▲ アドマイヤコマンド

 

 ってところかな。

 ちょっと堅いかなあ。(^^;)

 ディープスカイを一応本命にしたけど、1番枠で厳しそうですね。

 皐月賞2着のタケミカヅチって、案外人気ないですね。

穴狙いならこの馬かしら。

 人気といえば、サクセスブロッケンって人気あるけど、なぜ?

4戦全勝だから?でも重賞勝ったことないし、全部ダートだし・・・
(^^;)

まあ、3戦目でダービーとったフサイチコンコルドって例もあるけど。

 あと、ブラックシェルってどうなんだろう?

 ああ、全然わかんない(><)

2007年8月25日 (土)

今週は競馬があるらしい

 馬インフルエンザの騒ぎで、先週はJRAの競馬が中止されました

が、今週は開催されるようです。私は先週の開催時に指定席を抽選

で当てていたので、先週の開催中止のお知らせがJRAから電話で

きたときには、がっかりしたものです。

 今年は、中越沖地震といい、不可抗力でイベント中止に

追い込まれることが続きます。ついてないっすねえ。

今年は厄年じゃないはずなんだけどなあ(^^;)

 

 それにしても、JRAの対応はどっちつかずで、おろおろして

ましたね。今週の開催も水曜日まで決めかねたあげく、

開催を決めたと思ったら、なんと検査で陰性の馬のみでの

開催だそうです。理由は「公正競馬確保の観点から」だそうです。

 

 わけわかんないんですけど(@@)?

 

 陽性反応が出て発症していない馬がレースに出ると公正さが

確保できないなら、どうして今まで何十年もレース前に検査を

してこなかったんでしょう?

 外国でも別に陽性反応が出ていても発症していなければ、

レースに出られますし、今までのJRAのレースにも出られた

はずです。しかも、それは今週だけの措置で、来週からは

陽性反応でもレース出走可って、いくらなんでも・・・理由が

いいかげんすぎ。(^^;)

 どうして、今週だけ陽性反応の馬がレースに出ると公正さを

欠くんでしょうねえ。

 

 それに、大体、水曜日に開催を決定すること自体、公正さを

欠いてるでしょ。競走馬はだいたい、水曜か木曜に最終追いきり

をするので、水曜に追いきりする予定の厩舎の馬は、JRAに

ハンデを課せられたようなものです。

 

 正直に、インフルエンザの感染拡大を防ぐためだと言えば

いいのに。

 まあ、それを言っちゃうと、本来レースに出られる馬を出走停止に

してしまうので、公正さを欠いてしまうんでしょうし、それなら、

いっそのこと、もう1週間休んで完全に収束させればいいと

言われちゃうんでしょうね。

 1週間休めば500億円ぐらい売り上げが落ちちゃうそうですが、

JRAは民間企業じゃないんだから、あまり経営至上主義に

陥ってほしくないですね。

 あんまりいいかげんなこと言っていると、某電力会社やのように

信用を無くしちゃうぞ。(苦笑)

今週は暫定のレースにしちゃえばいいのにね。

 

 新潟競馬が開催中なので、中止されると経済効果も大きい

ですから、開催すること自体は賛成なんですが、今週の重賞を

勝った馬が正式に記録に残るのは、あんまり感心しないです。

 

 さあて、私はどうしようかなあ。

 まともに予想しても無駄な気がするし、今週も競馬はお休みかな。

2007年5月28日 (月)

牝馬のダービー馬

 今年のダービーで3歳馬の頂点に立ったのは、親子制覇を狙う

ジャンポケの仔でもなく、2冠制覇を狙う皐月賞馬でもなく、

武豊を降ろしてまで勝利にこだわった陣営の馬でもなく、

 牝馬のウォッカでした。

 実に64年ぶり、オークスが春開催になってからは初の牝馬の

ダービー馬の誕生です。

 

 いや、実に強かったですね。

 まさに横綱相撲。特に奇策を弄するでもなく、正攻法で堂々

並み居る牡馬を蹴散らしました。今年の3歳牡馬は傑出した存在が

いないとはいえ、ダービーに出走してくる馬を軽々と蹴散らした

んですから、ウォッカはもう名馬と言っていいでしょう。

 しびれましたぜ。(≧▽≦)/

 

 今後の動向が気になりますが、どうやら凱旋門賞挑戦のプランも

あるとか。

 それは、ぜひ挑戦してもらいたいです。

 昨年のディープもいろいろありましたが、昨年の最大の敗因は斤量

とみているのですが、3歳牝馬のウォッカなら54.5kgで

出走できます。古馬との差は実に5kg。これなら十分戦いに

なりますし、実際3歳牝馬の凱旋賞馬も何頭か、いたと思います。

 昨年のディーブの敗因が力負けではないことを証明して欲しいと

思います。

 陣営にとっては、牝馬でダービーを挑戦する以上の冒険だと

思いますが、なんとか実現して欲しいものです。o(^-^)o

2007年5月26日 (土)

健康第一(^^;)

 水曜日に突然具合が悪くなったと思ったら、発熱、関節の痛み、

吐き気、めまい、頭痛の5Comboに見舞われました(^^;)

おかげで、気合を入れてナビスコCに東北電スに行こうと、事前に

休みをとっていたのに、単なる病気休暇と化してしまいました。

 ああっ、チケットが紙くずに~~~(><)

 

 結局2日間寝たきり&3日間おかゆで過ごしてしまいました。

 今日も奥様から、コーヒー&お酒ストップがかかっています。

 「ボンベイダックのカレーを食べに行きた~い」と言った途端に、

 無情の「却下!」の声・・・・・・あなたはエリーゼですか?(笑)

 

 つくづく、健康って大切だなあと実感しております。

 

 さて、bjリーグではぐだぐだなドラフト会議があったり、サッカーでは

アルビがナビスコC予選敗退と、まああんまりよくないネタばっかり

なので、病み上がりの身としてはちょっとアルビから離れて、

今週のダービー予想でも。(^^;)

 

 毎年、行っているダービーフェスティバルも今年はTV観賞

でしたが、今年は司会が伊勢みずほアナでしたね。

やっぱり行くべきだったかなあ(こらこら、病気はどうした(苦笑))

 実際あの予想はTVではよくわからなくて、現地に行かないと

本当の予想は聞けないんですよ。

 正直、ここ2~3日、ろくに情報収集もしていないので、

ほとんど直感で。

 

 ◎ フサイチホウオー

 ○ ヒラボクロイヤル

 ▲ ヴィクトリー

 

 って、感じかな。

 フサイチホウオーは皐月賞で、後もう少し距離があればっていう

レースでしたし、ここ最近、1番人気は3着を外したことがないのが

ダービーですから。まあ、大丈夫かなと。

 ただ、同じように皐月賞を追い込んで3着で、ダービーで人気に

なったフサイチジャンクという馬が昨年ボロ負けしたのがちょっと

不安な点ですが(^^;)

 

 ヒラボクロイヤルは青葉賞を勝ったわりには人気がないのが不思議

なくらいなんですが、まあ、それまでの成績がしょぼいし(苦笑)、

青葉賞を勝った馬はダービーで勝ったことないですから、

仕方ないでしょう。

 でも、やはり同じ東京2400の重賞を勝った実績を

買いたいと思います。

 

 ヴィクトリーは単に皐月賞を勝ったから(笑)

 

 他にも武が降ろされたアドマイヤオーラとか、牝馬で参戦の

ウォッカとか、話題満載の今年のダービー。

今年は一体どの馬に栄冠が輝くのでしょうか?

 できれば、私の財布にも光を分けて欲しいのですが(笑)

2006年12月24日 (日)

さらば!ディープインパクト

 2006年の有馬記念はディープインパクトの圧勝で幕を

閉じました。

 

 強かった・・・本当に強かった。

 

 昨年の轍は踏まないとばかりに、まるでグリーングラスのように、

第3コーナーからスパートをかける武豊とディープ。第4コーナーを

回ったときは、もう先頭から2馬身くらいの位置にきていました。

キタ━(・∀・)━ッ!!

後は直線を駆けるだけです。

 その姿を見た瞬間、私は叫んでいました。「強い!」

(実は温泉に行ってたので、休憩室で叫んでいたりします。

まわりにいたみなさん、ごめんなさい(^^;))

 ゴールを駆け抜けたとき、並ぶ馬は他にはいませんでした。

 あまりにもあっけない、そして、その速さを、そして強さを

見せ付けたレースでした。

 後にも先にも、これほどの名馬はもう生まれないかもしれない。

そう印象づけたディープインパクトの引退レース・・・ラストランでした。

 もうターフを駆け巡る彼の姿を見ることはできませんが、3年後、

彼の子供たちが羽ばたくのを心待ちにしています。o(^-^)o

 

 今まで感動をありがとう、ディープインパクト。

 

 そして、豊も池江厩舎のみなさんも、ご苦労様でした。

 

 なお、2着はポップロック、ペリエでした。う~ん、前走が

デルタブルースの2着だったから、軽視しちゃったなあ。

残念、残念。Σ( ̄□ ̄;)

 ドリームパスポートは4着でしたね。いや、あれだけきつい

ローテーションで乗り替わりなのに、4着に来るとはこの馬も強い。

 来年はこの馬中心に進むんでしょうね。

 

 ちなみに、馬券的には、ディープ - デルタ と 

ディープ - メジャーのワイド2点買いだったので、

なんとか当てることができました。

 いや、2006年の競馬が勝って終ってよかった。(ほっ)

2006年12月23日 (土)

有馬記念フェスティバル2006

 明日はクリスマスイブ。クリスマスと言えば、有馬記念。

(なぜ?(笑)・・・昔行った中山競馬場のクリスマスツリーの印象が

強いので(^^))

 そして、今年の有馬記念は、ディープインパクトの引退レースでも

あります。さあ、ディープは有終の美を飾れるのか?それとも、

昨年の有馬記念のように、ディープを負かす馬が現れるのか?

どちらにしても、歴史に残る一戦です。

 

 ディープインパクトは記憶に残る強い馬でしたが、実は記録に残る

馬ではありません。G1、6勝のままでは歴代3位でしかなく、無敗の

3冠馬という記録もシンボリルドルフと同じです。海外の成績が

凱旋門賞3着で後日失格では、エルコンドルパサーやタイキシャトル

に劣ります。

 だからこそ、できればもう1年がんばって、ブリーダーズCに挑戦

して欲しかったんですが、これが馬主の判断ならしかたが

ありません。せめて、明日の有馬記念で勝って、G1、7勝の

歴代1位タイ記録(シンボリルドルフとテエムオペラオーと並びます)

を達成して欲しいものです。o(^-^)o

 

 私は予想の万全を期すために(・・・いや、生小力を見たいというの

もあったよ。確かに(^^;))、木曜日に有馬記念フェスティバルへ

行ってきました。

 この有馬記念フェスティバル、一昨年は朱鷺メッセで、ゆうこりんを

ゲストに行われたんですが、なんと、ゆうこりんの歌とトークショー

三昧で、一切競馬解説と予想がなかったという曰くつきのイベント

です。(これはこれで楽しかったんですけどね(^^))

しかも、昨年は東北電力の妨害工作・・・いえ、大停電のため中止

という、因縁のイベントでもあります。Σ( ̄□ ̄;)

 はたして今年はいかに!

 と思って行ったんですが、普通に解説と予想をしてくれました。

(当たり前だって(笑))

 

 前半のTV放送部分はTVを見た方はわかってると思いますが、

競馬関連クイズでした。中でも、新潟弁コーナーはおもしろかった

です。特に昨年の有馬のルメールのインタビュー、あれを新潟弁で

やったのはもう大爆笑。ルメールの顔と新潟弁が違和感がなく、

とても面白い表現に笑いが止まりませんでした。郷土の言葉なの

で、笑うのはおかしいのかもしれませんが、そこはご勘弁を。(^^;)

 放送後は、小力のパラパラショーだったんですが、あれは、バック

にHINOIチームがいないと寂しいもので、1人でやってるとちょっと

物悲しかったです。あっ、トークショーは面白かったですよ。

 あと、小力の腹は・・・すごかったです。(爆笑)TV見ていても、

すごいぽっちゃりなんですが、実物はさらにスケールアップです。

よくあそこまで育てたと関心しきりです。(おいおい(笑))

 その後は裏情報とプレゼント抽選と楽しいイベントでした。

 私の聞きたかった、『有力3歳馬は菊花賞-ジャパンC-有馬と

ローテーションがきついけど、疲れ具合は?』とか『ダイワメジャー

って距離は?』とかが聞けたので、実に有意義な情報もゲット

できました。φ(・_・”)メモメモ

 

 騎手のゲストは後藤くんだったんですが、小力のものまねしたり、

ギャグをとばしたり、ご機嫌でしたね。

 「みなさん、僕の乗る馬を選んでくれないので、悲しいん

ですが・・・」って、あんた乗る馬ないじゃん(笑)

 そうそう、後藤くんの発言で印象的な一言がありました。

 「強い追い込み馬っていうのは、いつもすごいひづめの音と迫力で

迫ってくるんですが、ディープは音がしないんですよ。

まさに風が通り過ぎるって感じで、あんな馬は他にいないですね。」

 ディープって、やっぱりすごい馬なんですね。(^-^)

 

 あっ、あと、生で見る實石アナウンサーはすごくかわいかった

ですよ。(*^^*)

 個人的には伊勢みずほアナが好きなんですが、今日から

転んじゃうかもしれません(笑)

 

 では、最後に、JINくんの有馬予想

 ◎ ディープインパクト

 ○ デルタブルース

 ▲ ダイワメジャー

 (全然、フェスティバルで言われたことが、反映されて

ないなあ(^^;))

2006年10月 3日 (火)

う~ん、残念(><)

 ディープインパクトの挑戦は残念ながら、3着に終わりました。

 レースを見ていましたが、確かにいつもの飛んでいるような

インパクトの走りではなかったですが、十分強さを見せられた

と思います。

 敗因はいろいろ言われてますが、結果論になっちゃうんですが、

やっぱりぶっつけ本番がまずかったような気もします。

レース感覚もそうですが、やっぱり本番前に1回試走しないと・・・

・・・(^^;)

 ただ、それが敗因の最大原因ではないし、スタッフが考え抜いた

上での作戦なので、それを問題視しようとは思いません。

それが敗因なら、ハリケーンランやシロッコが沈んだ理由が

わかりません。

 本当の敗因は別にあるんだと思います。

 それは・・・「斤量

 最近3歳馬ばかり勝っていることから、ようは59.5kgのハンデ

と3歳馬との斤量差3.5kgはロンシャンの2400にはきつすぎる

んでしょう。

 池江調教師がディープが勝てないなら、日本の馬には勝てない

と言っていましたが、半分合っていて半分はずれている気がします。

 おそらく、「ディープが3歳のとき走っていれば勝てた」

思います。斤量が56kgなら。

 でも、それはクラシック3冠を捨てるということですから、そんなこと

をできる競馬関係者はいません。つまり日本馬には凱旋門賞を

勝つことはできないってことですね(^^;)

 とはいえ、パサーが2着で、ディープが3着なんですから、本当に

120%の出来で、3歳馬に強い馬がいなければなんとかなるかも

しれません。

 もちろん、ディープ以上の馬なら可能性はあります。・・・(^^;)

 これにめげずに、日本の競馬関係者にはこれからも挑戦しつづけて

欲しいものです。日本の競馬ファンの夢を背負っているんですから。

2006年10月 1日 (日)

いよいよ凱旋門賞

 ついに、今日の夜(いや、日本時間で(^^;))ディープインパクトが

凱旋門賞を走ります。

 ランキング1位、各ブックメーカー1番人気で迎える本番に、

いやがおうにも期待が高まります。

 アウエーの壁は厚いですし、最強馬ハリケーンランが、そして

それを破ったシロッコが立ちはだかりますが、我らのディープなら

それらをはじき返して栄冠をもぎ取ってくれることでしょう。

 がんばれ、ディープ!がんばれ武豊!

 エルコンドルパサーが当時の最強馬モンジューの前に2着に

屈した雪辱を今こそ!

 (そして、今日のスプリンターズSを外した私の無念も(;;)

←こらこら(^^;))

最近のトラックバック

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31